見逃すわけにはいかない排水管の水漏れ

見逃すわけにはいかない排水管の水漏れ 人間の生活には欠かすことができない水回りの設備も、整備をしながら使っていかなければいけません。水を使った後に流す排水管には重要な意味があり、機能していないと、設備自体も使うわけにはいきません。
水道管ばかりが水漏れすると注目されますが、排水管から使った汚水が漏れだしてくる状況に関しても考えなければなりません。水漏れを起こしたときには、それほど深刻な問題になるからです。

■異常では済まなくなる排水のトラブル

水道管からの水漏れであれば、きれいな水が出てくるでしょう。ところが、排水管 水漏れは、使った水が流れ出てきます。下水管本管へとつながり流れるはずの水が漏れるというだけでも、周囲の被害は大きくなります。本来は密閉されているはずの排水管のはずが、隙間ができて汚水が漏れだしているため、下水本管から臭いが上がってきたりもするでしょう。これが不快な思いをするだけではなく、健康被害につながることも出てきます。害虫の問題も考えなければいけないため、水道の水漏れとは明らかに違う問題が発生する状況です。
異常があるでは済まない問題で、早急に対策していかなければいけません。水が漏れている部分の修理も必要ですが、排水管に老朽化がみられる場合などは大規模な修繕も考えるべきでしょう。

■清潔な環境を作るために
排水管は床下や壁に埋め込まれていることが多く、目に見える場所に設置することはほとんどありません。水道とは異なり、圧力をかけて押し流してはいません。水を使った分だけ流すため、自然落下で下水本管まで流れていきます。流すものによっては、排水管にダメージを与えるのも問題です。なかなか気がつかないこともありますが、管の内部を劣化させることがあるからです。定期的に洗浄を行うなどのメンテナンスを繰り返すだけでも、トラブル軽減につながるでしょう。
実際に使われている水回りの設備は、清潔な環境を保たなければいけません。排水管があるのも、使って汚れた水は、適切に処理しなければいけないからです。下水本管へと流していきますが、臭いなどが戻ってこないように、排水トラップが取り付けられています。水漏れが起きたりすると、この排水トラップが機能できなくなることも出てきます。生活環境にも問題が出てくる状態になるため、早急に修理をしなければいけません。

■洗濯機はホースで排水

排水管というと、塩ビ管などの素材を使っています。しかし自由自由が利きにくく、狭い場所には設置しにくい問題があるでしょう。例えば、洗濯機の下部には、じゃばらの排水ホースを使って床下の排水管へと接続していますが、これも洗濯機周りはスペースが限られているため塩ビ管では設置が難しくなるからです。
洗濯機は大量の水を使用する設備ですが、糸くずなどのごみなど細かなものが、ホースの内部で詰まることもでてきます。排水ホースは、どうしても曲がる部分に力がかかり、破れることが考えられるでしょう。小さな穴が開くこともありますし、切れてしまって水が漏れだすことも出てきます。
排水ホースに問題があるのであれば、交換するのも容易なのが特徴です。使っている間にも老朽化は進み、いずれ劣化によって水漏れもするものだと考えておかなければいけないでしょう。どうしてもずっと問題もなく使えるものだと思うことが、水漏れの被害を大きくしてしまいます。

■まとめ
排水管は、水回りを正しく使うために欠かせません。機能は欠かすことができません。給水の能力が高くても、排水ができなければ、何の意味もなくなってしまいます。両方正しく使える状況を作らなければいけないため、トラブル防止のためにも定期的に点検をしていかなければいけません。もしも水漏れなどが起きた際に、早急に対応できる状況を作るためにも、どんなことが起きるのか原因について考えてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース